全体的な薄毛・抜け毛

全体的な薄毛・抜け毛の原因

頭皮全体の薄毛の原因についてはさまざまな要因が考えられており、男性ホルモンの影響、遺伝的要素、頭皮の血行が悪い、日々の食生活やストレス、生活習慣の乱れなども関わってきます。
髪の毛というのは頭部を直射日光や外気などから守ったり、外部からの衝撃を和らげるなどの役割を担っています。そのため、頭皮全体の髪の毛が減少して薄毛になるということは頭部へのリスクが高まるということであり、早急に薄毛への対策を講じる必要があります。

髪の毛はただひたすら伸び続けるというわけではなく、ある程度成長したら抜け落ちます。そして髪の毛が抜け落ちた毛根からは新しい髪の毛が生えてきて、成長したら再び抜け落ちるというサイクルを繰り返します。このサイクルを「ヘアサイクル」と呼ぶのですが、このヘアサイクルの周期が短くなり、成長し切らない内に髪の毛が抜け落ちてしまった場合に薄毛が起こります。

ヘアサイクルの乱れが原因で引き起こされる頭皮全体の薄毛ですが、その乱れの原因にはさまざまなものが考えられます。たとえば頭皮の血行不良によって薄毛が引き起こされるという事は周知の事実ですが、頭皮の血流が滞ってしまう原因にもさまざまな事が考えられます。たとえば「ストレス」を溜めやすい生活習慣を送っていた場合、ストレスの影響で自律神経に乱れが起こり、結果として頭皮の血行不良を引き起こすことにつながります。また、タバコなどを吸う習慣も頭皮の血行不良を引き起こす要因となるので、早期の禁煙をオススメします。

また、最近では男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる物質が体内で過剰に分泌されることで、頭部全体の薄毛につながることが分かっています。このジヒドロテストステロンには強力な脱毛作用が認められており、過剰に分泌されてしまうと薄毛の進行を早めてしまう結果となります。そのため、ジヒドロテストステロンを抑えるための処置を早期に実施する必要があります。

全体的な薄毛の方によくある生活習慣

頭部全体の薄毛の原因は「頭皮の血行不良」だと考えられています。そのため、薄毛を改善したいのであれば真っ先に血流を改善していく必要があります。つまり、薄毛の原因を考える前に日常生活で血行不良となっている要因を見つけ出し、そこから改善していくことが有効な薄毛対策となるのです。
薄毛の根本的な要因となる血行不良は、日々の生活習慣を見直すことで改善されていきます。たとえばタバコには血管を収縮させる作用があるので、血流悪化の原因となります。喫煙習慣がある人は禁煙を実施することで血流を改善し、薄毛対策につなげることが可能です。

また、睡眠時間の増加も有効な薄毛対策となるので覚えておくと便利です。髪の毛の成長やダメージの補修は寝ている時間帯に行われているので、睡眠時間が不足してしまうと十分な栄養が髪の毛に行き届かず、薄毛の遠因となってしまいます。最低でも毎日8時間程度は睡眠時間を確保できるように心掛けることが大切です。

日々のシャンプーのやり方も薄毛の要因となるので注意が必要です。シャンプーの際は頭皮が傷ついてしまうので爪を立てず、指の腹を使って洗うように心掛けることが大切です。また、シャンプーが毛穴に残ってしまうと詰まりの原因となり、結果として薄毛を引き起こしてしまうことになります。そのため、シャンプー後のすすぎは十分に行う必要があります。

全体的な薄毛・抜け毛の予防・対策

朝食を必ず食べホルモンバランスを安定させよう

朝一日のスイッチをONにするのは朝食です。継続することで体内に栄養が巡り、体調が安定します。そうするとホルモンバランスが整うので頭皮トラブルも改善していきます。
薄毛の効果的な予防法としては、まず日々の乱れた食生活を改善することから始めるのが基本です。食生活の乱れは薄毛に直結し、髪の毛が成長するために必要な栄養が行き届かないという事態に陥る可能性があるので注意が必要です。日々の食事には髪の毛の成長を助けると言われる納豆や玉子、玄米などの食品をバランス良く取り入れることが大切です。また、それと同時に薄毛の遠因となる「タバコ」や「お酒」などの嗜好品を控えるということも有効な薄毛予防策となります。

朝ごはんをしっかり摂るイメージ写真(頭皮全体の薄毛解消イメージ)

また、頭部全体の薄毛を根本から改善したいのであれば、薄毛治療専門のクリニックに通うのがオススメです。薄毛治療専門のクリニックでは専門的な知識を持つ医師が薄毛に対する有効な対策を提案してくれますし、「プロペシア」などの高い効果が期待できる薬を処方してくれるので、最短での薄毛治療が可能となります。

薄毛治療の専門クリニックで処方して貰えるプロペシアの主な効果としては、薄毛を引き起こす原因となる男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑えて脱毛作用を抑制するという効果が期待できます。プロペシアは経口摂取が可能な薬なので、直接頭皮などに塗る手間もなく、一日に数回飲むだけなので、手軽に薄毛治療が出来るという点が評価され、人気を集めています。

※男性だけでなく女性にも良い対策とは?
女性の場合はカラーリングなどで毛髪と頭皮にダメージを与えすぎることが原因です。
まず良い対策としては「頭皮」を保護しケアをすることです。トリートメントだけでなく、カラーリングやパーマを控えることを心がけるだけで頭皮のダメージ、毛髪のダメージをかなり抑えることが出来ます。

また一番の問題は食事です。無理なダイエットにより、たんぱく質・ミネラルが足りないことによって頭皮トラブルが起きたり、髪の毛を育てることが出来ないなどの「負の連鎖」が続きます。
食事の面での対策はサプリメントを摂取することが手軽で続けやすい方法です。マルチミネラル、マルチビタミンを摂取するという対策を続けるとかなり変わってきます。
男性の場合も栄養面は重要ですが、女性の場合は月経等が重なるとホルモンバランスが乱れやすくなり、より髪の毛が作られにくい状態になります。
そういった部分も男性とは違うので「栄養」面の対策は特に心がけておくことが大切でしょう。

頭皮の全体的な薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • 『新型』濃密育毛剤BUBKA

    価格 5,980円(税込み) 定期初回 価格 5,980円(税込み) 定期初回

    5.00

    頭皮の脂による
    薄毛に悩む人

    太田

    頭皮の脂をすっきりさせてくれたBUBKAだが、使用感についていうと爽快感よりも浸透して頭皮がスッと熱くなる感じがし気持ちよさを感じる。ちょっとべたつきがあるが、これも海草由来のぬめり成分に由来しているものだと思う。
    M-034を増量してから特にだが、毛根の奥まで浸透してカツが入ったし、もともと薄い後頭部だけでなく頭皮全体も元気になってきたぞ。

  • 生活習慣の乱れによる
    薄毛に悩む人

    ユキエ

    まずニオイが殆どないこと。やっぱり仕事中髪を縛ってまとめる私はニオイがでちゃうと毎日使えないから、ここはかなりポイントが高いところね。
    使い始めて1ヶ月目はほとんど変化は無かったわ。でも2ヶ月目ぐらいから即頭部のボリュームがアップしてきたのを感じたの。
    ボリュームがすこしづつ増えて。髪の毛1本1本が太くなってきたように思うわ。今ではウィッグを使わなくてもオシャレな髪形を楽しめるようになったのがうれしいわ。

  • 頭皮の血行不良による
    薄毛に悩む人

    寒川

    リアップと迷ったけど、頭皮の血行促進においてはほぼ互角といったところだったが、育毛剤としての総合力で考えたとき男性ホルモンによる脱毛を防ぐ機能、頭皮を健康にする機能含めトータルの評判でチャップアップを選択。明らかに毛が濃くなってきた訳ではないが頭皮全体がスッキリしてきたし、抜け毛が減った。髪を育てる環境が整ってきたので、以前よりもストレスが少なくなり、研究の仕事にも熱が入るようになってきましたね。