ストレスによる脱毛・薄毛

ストレスによる脱毛・薄毛に悩んでいる人物のモデルケース

働崎hatarakizaki

年齢:
33歳
趣味:
休みの日にフェスに行く事
職業:
サラリーマン(音楽関係)
説明:

ストレス性の抜け毛によりおでこの生え際からの後退に悩んでいる。
毎朝9時に会社に行き、帰りは終電という生活。
仕事を断れない優しい(少し優柔不断)な性格。
2年付き合っている彼女から、最近薄毛を指摘されている。
上司も厳しく仕事を抱えこんでしまう性格で頭頂部が少し薄くなってきており不安を抱えている。

ストレスの原因

ストレスと頭皮の関係性とは?

ストレス社会と呼ばれる現代を生きる私達は、日常的に多くのストレスを抱えながら生活しています。ストレスは人体にさまざまな影響を及ぼすことで知られていますが、その中でも特に「頭皮」へ与える影響によって悩む人が増えてきています。

人が過度なストレスにさらされた場合、人間の精神バランスを保っている「自律神経」と呼ばれる神経が乱れてしまいます。その結果、人間の身体にさまざまな影響を及ぼし、特に「血管」が強く影響を受けることになります。ストレスによって影響を受けた自律神経は、全身の血管を収縮させて血流の悪化を招きます。その結果、全身を巡る血液量が減ることで頭皮に行き渡る血液も不足し、さまざまな影響を受けてしまいます。

血流が滞ることによって引き起こされる頭皮への影響としては、「抜け毛」や「薄毛」、「頭皮のかゆみ」などが挙げられます。これらの症状は主に20代後半の働き盛りの若い男女に多く見られ、会社での立場や責任によって抱えるこの年代のストレスの大きさが伺えます。

ストレスがたまると何故抜け毛が増える?

一般的に過度なストレスが溜まると抜け毛が増えると言われていますが、そのメカニズムを正しく理解している人はそれほど多くはありません。過度なストレスは「自律神経」と呼ばれる血圧などをコントロールしている神経を乱す原因となってしまいます。この自律神経にストレスが影響を与えてしまった場合、全身の血管を収縮させて血行不良を引き起こします。その結果として全身を巡る血液量が減ってしまいますが、その影響を特に受け易いのが地上からもっとも離れた位置にある「頭部」なのです。頭部は重力との関係上、特に血液が行き届き難い場所とされています。そのため、全身が血行不良に陥ることで頭皮まで行き渡るはずだった血液が不足し、髪の毛に栄養が届かなくなってしまうのです。

その結果、栄養不足に陥った髪の毛はやせ細り、抜け易い髪の毛へと成長してしまいます。やせ細った髪の毛は成長途中で抜け落ちてしまうことが多く、このサイクルが繰り返されることで抜け毛の量が増えたように感じたり、薄毛の原因となってしまうのです。

ストレスがたまっている人は薄毛が多いって本当?

ストレスを溜め込み易い人は若い内に抜け毛や薄毛に悩む傾向があり、確実にストレスが頭皮や髪の毛に悪影響を与えていることが分かります。ストレスを抱え込んでしまい易い年代としては、新卒で入社してからある程度の年数が経ち、会社内での責任が伴ない始める「20代後半」の若者が特に多くなってきておりここ20年で若くして薄毛になる人は1.5倍以上に増えているといわれています。

こうした若者は男女を問わず、薄毛や抜け毛の悩みを抱えていることが多く、ストレスの解消法を早急に身に付ける必要があります。過度なストレスにさらされ続けると、自律神経が乱れて抜け毛が増え、薄毛や若禿げに陥ってしまう可能性があるので注意が必要です。

ストレスが多い人によくある習慣、懸念される病気

ストレスがたまりやすい人の生活環境

ストレスがたまりやすい人は、置かれている生活環境が原因で常にイライラしたり不安感に襲われたりする傾向があります。ストレスの原因となる生活環境の例としては、「会社での立場や責任に対するプレッシャーを常に感じている」、「仕事先での人間関係が疲れる」、「仕事の拘束時間や残業が極端に長い」、「仕事を突き詰めすぎている」などが挙げられます。ストレスがたまりやすい人というのは、ほとんどの場合が「劣悪な職場環境」に置かれていることが多く、一日のほとんどを過ごす職場の環境を改善しない限り、日々のストレスから逃れる術は無いと言えます。

ストレスがたまることで体に影響があること、または病気とは?

人はストレスによって体にさまざまな影響を受けてしまいますが、その中でも特に「自律神経」に与える影響が大きいと言えます。自律神経とは、循環器系や消化器官、内分泌機能や生殖機能、代謝などを司る神経のことで、主に人間が無意識下で行っている生命活動を支えています。また、自律神経は血圧をコントロールしていることもあり、ここにストレスが掛かると血管が収縮し、血流が悪くなってしまうなどの影響を受けます。

また、ストレスがたまる事によって自律神経が影響を受けると、循環器系や生殖器にも悪影響が出てきます。ストレスによって自律神経が乱れると、過呼吸に陥ったり勃起不全などの症状が現われることもあります。また、血管が収縮することで全身を巡る血液量が減り、冷え性などを引き起こす原因にもなるので注意が必要です。

ここがポイント!
ストレスによる薄毛・抜け毛の対策

スポーツはストレス解消に有効な手段

ストレスと薄毛は非常に密接な関わりがあります。一般的に人はストレスを感じる事で循環器系を司っている自律神経が乱れ、血流が滞ることで頭皮への血液が不足して薄毛を発症すると言われています。そのため、薄毛対策にはストレスへの対処が不可欠となるのです。ストレスへの対処法は男女によって異なる傾向がありますが、一般的に男性の場合は飲酒やマラソンなどスポーツ、趣味などに時間を費やすことでストレス解消を行う人が多く見受けられます。

また女性の場合はファッションやコスメなどに時間を費やしたり、甘い物や美味しいものを食べたりすることでストレスを解消している人が多いようですが体を動かすことは共通して解消方法としてお伝えできます。

ストレスを軽減する運動方法、マラソンの写真

ビタミンC、カルシウムの摂取はイライラを抑える

ストレス対策に効果を発揮すると言われている栄養素としては、代表的なものに「ビタミンC」や「カルシウム」が挙げられます。そのため、ビタミンCを多く含むフルーツやカルシウムを多く含む小魚、牛乳などを多く摂取することで効率良くストレスを解消することができます。

ストレスによる薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • 使い始めて約半年、臭いにかなり敏感な私ですが、ナノアクションDはツンとした臭いがほとんどしなく、ふんわり優しい臭い、植物由来のエキスで作られているからか珍しく毎日ストレス無く使えた育毛剤だった。
    以前は彼女にも薄毛を指摘されていたが、血行促進成分が配合されているので使用を続けた事で抜け毛が減ってきた気がします。

  • 頭皮に噴射した際にズバッと染み込む感覚がすごい。お風呂上りに使っていますが、炭酸ガスの効果で日々の仕事のストレスも吹き飛びそうになるくらい気持ちいい。
    シャンプーだけでなくスカルプジェットという薬用トニックがあり3000円台で使えるのはお財布にも優しいね。育毛シャンプーとセットで使うことをおすすめ。

  • チャップアップは医師が監修して作った育毛剤ということで、いかにも効きそうで購入。頭皮マッサージしながら使う事で、毎日ストレス無く使え抜け毛は減ってきたのがうれしい。臭いも薄い感じで好きです。
    ただ霧状に頭皮に噴射されるタイプのノズルが私には使いづらかった点が少しマイナスかな。