頭皮の脂による脱毛・薄毛

頭皮の脂に悩んでいる人物のモデルケース

太田futoda

年齢:
38歳
趣味:
プロレス観戦
職業:
公務員
説明:

少しメタボ気味で肥満体型。
汗をかきやすく頭皮の脂が多く脂漏性脱毛の傾向で35歳をすぎてから抜け毛が増え後頭部の薄毛に悩んでいる。
現在恋人はいないが、昔は痩せていて恋人もいた。
から揚げやファーストフードなど脂っこい食べ物が好きで、運動は嫌い。
少し強気。

頭皮の脂の原因

頭皮の皮脂について知ろう

男性の多くは中年期を迎えるとお肌のトラブルや抜け毛などの悩みに見舞われます。特に中年男性のほとんどが気にしている項目として、「頭皮の皮脂量の増加」が挙げられます。もともと、頭皮から分泌される皮脂にはお肌を保護するという役割があり、外気に触れることによる頭皮の乾燥を防いでくれます。しかし、中年期になって体質が変わり、皮脂が頭皮から過剰に分泌されてしまうことでさまざまなトラブルが発生してしまうのです。

頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまうと、頭皮がべたついたり髪の毛のテカりなどの原因となります。また、頭皮から過剰に分泌された皮脂が各毛穴に詰まってしまうことで「抜け毛」や「薄毛」の遠因となってしまう場合も考えられます。

頭皮から分泌される皮脂が過剰になってしまう原因のひとつに「乱れた食生活」が挙げられます。日々の食事で、脂肪に変化し易い脂質や糖質の多い料理ばかり食べていると体内の中性脂肪が増加し、皮脂が多く分泌されてしまう原因となってしまいます。普段の食生活で揚げ物や肉類、甘い物などを好む人は体内の脂肪が増えていき、結果として頭皮から過剰な皮脂が分泌されてしまうのです。

頭皮の皮脂が過剰に分泌された場合、その多くは毛穴に詰まったり頭皮上に留まって「酸化」していきます。皮脂が酸化してしまうと独特のニオイを放つようになり、周囲に不快感を与えてしまうことがあります。そのため、頭皮の皮脂に対するケアは日常的に行う必要があります。

皮脂がたまると頭皮にどう影響があるのか?

中年期を迎えた男性の多くが、頭皮に溜まる皮脂への対応に苦慮しています。頭皮に皮脂が溜まってしまった場合、先ず最初に考えられる悪影響が「ニオイの問題」です。現在、30代〜40代の男性の8割以上の人が、頭皮の皮脂が酸化する事によって引き起こされる悪臭に悩まされているというデータもあります。これらの悪臭を防ぐためには、頭皮から分泌された皮脂が酸化する前にシャンプーなどを行い、こまめなケアを続けることが大切です。

また、頭皮に皮脂が溜まり続けることで将来的な悪影響も考えられます。一般的に頭皮から過剰に分泌された皮脂はその場に留まり、その多くは毛穴の中に詰まったままの状態になります。その結果、毛穴に詰まった皮脂が酸化して固まることで髪の毛の成長を妨げ、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

頭皮の皮脂は元々、頭皮を外気の乾燥から守るという役割がありますが、食生活が乱れるなどの影響で過剰に分泌される傾向があります。その結果、過剰に分泌された皮脂が中年男性の多くに脂性をもたらし、悪臭や抜け毛や薄毛などのさまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。

頭皮の脂が多い人によくある
習慣、懸念される病気

皮脂がたまりやすい人

頭皮の脂によるトラブルを抱える男性の多くは食べるのが大好きで、特に脂っこい食事を好んで摂取する傾向が見られます。脂肪分の多い食事を繰り返すことで皮脂を分泌し易い体質になってしまうため、頭皮からも過剰なまでの皮脂を分泌してしまう事につながります。その結果、皮脂が毛穴などに詰まる事で抜け毛や薄毛が引き起こされるだけでなく、頭皮自体が炎症を起こして「頭ニキビ」の原因にもなります。

また、頭皮の脂が多い人によくある習慣としては、「入浴時のシャンプーのすすぎが不十分」という特徴が挙げられます。シャンプーには髪の毛のハリを出す為のシリコンや石油系合成界面活性剤など、多くの化学成分が含まれています。それらの成分を含んだシャンプーで頭皮を洗った場合、すすぎ残しがあると頭皮の炎症の原因となってしまいます。また、そういった化学成分などは頭皮の脂と共に酸化して「脂っぽいニオイ」の原因となるので注意が必要です。

皮脂がたまりやすい人の習慣や食生活は?

皮脂がたまりやすい人の生活習慣の代表的な例としては、「間違った洗髪」と「脂っこい食べ物メインの食生活」が挙げられます。頭皮の皮脂は外気の乾燥から肌を保護する役割を担っているので、本来ならば頭皮に必要なものです。ただし、間違った洗髪によって皮脂を洗い流し過ぎていると、それに対応する為に人間の身体は更に多くの皮脂を分泌しようとします。その結果、頭皮に皮脂が溜まり易い体質に変化してしまうのです。

また、脂っこい食べ物ばかりを食べている人も身体に脂肪が蓄積し、皮脂を分泌し易い体質に変わってしまうので要注意です。唐揚げや天ぷら、とんかつ等の揚げ物ばかりを食べるのではなく、野菜メインの食生活に切り替える事が大切です。

頭皮に皮脂がつまりやすい人が成りやすい危険な症状とは?

一般的に、頭皮に皮脂が詰まり易い体質の人は「脂症」と呼ばれ、さまざまな頭皮トラブルのリスクを抱えています。頭皮に皮脂がつまることで引き起こされる病気はさまざまですが、代表的なものに「頭皮の炎症」が挙げられます。頭皮に皮脂がつまる事によって新たに分泌される皮脂の逃げ場がなくなってしまい、地肌に赤みや痒みが発生してしまいます。それが続くと、次第に毛穴が炎症を起こしてしまい、フケ症や抜け毛の原因となるだけでなく薄毛に発展してしまう場合もあります。

ここがポイント!
頭皮の脂による薄毛・抜け毛の予防・対策

野菜を食べて脂肪を減らす努力をしよう

頭皮の皮脂が過剰に分泌される症状を抑える為には、やはり食生活の改善が急務だと言えます。肉や脂っこい食べ物の摂取を控えて「野菜中心の食生活」に切り替えることで、体内の脂肪を極力減らす努力を行う必要があります。

頭皮の薄毛対策、緑黄色野菜のイメージ写真

定期的に体を動かそう

脂質を減らすためには、日ごろから脂肪が燃焼しやすい体質に変える努力が必要です。
全て実践するのは決して楽な事ではありませんが「ランニング」、「ウォーキング」、「水泳」、「筋力トレーニング」等を行い、代謝を改善することで、燃えやすい体に変化させる事で脂質が減り頭皮の脂も出にくくなる体質に変化させましょう。
いきなり全ては厳しくても少しづつできるものからスタートする形もOKです。

頭皮の脂による薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • ネットで評価の高かったのが使ったきっかけ。汗っかきなのもあり梅雨は特に湿気と頭皮の脂でストレスがたまっていたが、BUBKAを使い続けることで明らかに頭皮がスッキリしてきた。入浴後に使うようにしているが、じわじわと頭皮に染み込む感じが気持ち良く、気持ちもサッパリする。気になる部分にノズルが伸びて塗布できるデザインが使いやすい。スッと有効成分が毛根まで届いている感じがした。料金はそれなりにするが、抜け毛も減ったし、期待してよい育毛剤だ。

  • 半年間ほど続けてみたが頭皮環境がよくなった育毛剤。容量が少ないのでお得感は少ないが1mgづつ使えるよう良く考えられていて。3ヶ月くらい続けたときに違いを感じた。朝起きたときの脂も少なくなり頭皮も爽やかになってきた。発毛効果が認められているミノキシジルに注目がいきがちだが、頭皮の脂についても改善が見込める育毛剤。

  • 頭皮に塗った感じはサラサラっとした感触。逆に言うと水のようで育毛剤という感覚があまりしなかったので正直少し不安になったが(笑)2ヶ月くらい使って頭皮のかゆみが少なくなった。
    100%無添加なので女性にもおすすめできる育毛剤じゃないかな。価格はそこそこするけど200mlたっぷり入っているし、おすすめの育毛剤。