M字部分の薄毛・抜け毛

M字部分の薄毛・抜け毛の原因

男性の多くは30代以降の中年期に入ると薄毛に悩む人が増える傾向にあります。その理由として考えられているのは、男性は女性に比べて男性ホルモンの分泌量が多いため、その影響から薄毛になりやすいと言われています。男性が悩む薄毛のタイプには幾つかありますが、前頭部やおでこの生え際部分、頭頂部の薄毛などが一般的です。また、珍しいタイプとしては後頭部の薄毛や側頭部の薄毛、円形脱毛症などが挙げられます。

その中でも特に男性に多く見られるのが前頭部の薄毛で特に代表的な「M字禿げ」です。M字部分とはその名のとおり、前頭部の生え際部分が前から見た時にM字の形で後退しているタイプの薄毛を言います。M字部分の薄毛についてはブルース・ウィルスやジュード・ロウなどの有名なハリウッド俳優などにも見受けられるので、現代ではもっともポピュラーな薄毛タイプとして認知されています。

M字部分の薄毛の主な原因として考えられているのは、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」が過剰に分泌されるためとされています。M字部分の薄毛はAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」の典型的な症状であり、前頭部の剃りこみ部分が次第に後退していくことで前から見るとM字に見えるようになります。後退が進むと頭頂部の薄毛ともつながってしまい、前頭部の真ん中の髪の毛が取り残されて「山伏」のようなヘアスタイルになる事もあります。

また、M字部分の薄毛の原因として考えられるものに「日々の生活習慣」が挙げられます。日常生活を規則正しく送っていれば薄毛に陥るリスクは低くなりますが、乱れた食生活や不健康な生活習慣を続けているとさまざまな要素が絡み合って血流が滞り、「頭皮への栄養」が行き渡らなくなってしまいます。その結果、髪の毛を育てるのに必要な栄養分が頭皮へ行き届かず、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまうことが考えられるのです。それはM字部分の薄毛も例外ではなく、不規則な生活習慣や乱れた食生活を続けているとM字部分が次第に後退していき、手遅れとなってしまう可能性があります。つまり、M字部分の薄毛の進行を抑えたいのであれば、まずは自身の生活習慣の見直しから始める必要があるということです。

M字部分の薄毛の方によくある生活習慣

M字部分の薄毛を引き起こす環境としては、「ストレスを感じ易い生活環境」や「睡眠が十分に取れない生活環境」、「喫煙習慣」や「皮脂が過剰に分泌し易い生活環境」などが挙げられます。その中でも特に「ストレス」とM字部分の薄毛には密接な関わりがあり、過剰なストレスを感じることで人間の精神バランスを司る「自律神経」が乱れて、全身の血管が収縮することに繋がります。その結果、頭皮の血行も滞り、それだけでなく頭皮の「硬化」を引き起こして毛髪に酸素や栄養が行き渡らなくなるのです。その状況が続くと、最終的に抜け毛や薄毛を招き、結果としてM字部分の薄毛が進行してしまいます。

また、睡眠が十分に取れない生活習慣を送っている人はM字部分の薄毛に陥るリスクを抱えています。一般的に髪の毛というのは睡眠中に成長したり、ダメージを受けた部分を修復していると言われています。そのため、髪の毛の状態を回復させる為の睡眠時間が不足してしまうと、結果として頭皮や毛髪に負担が掛かってしまい、特にデリケートなM字部分の薄毛へとつながってしまうのです。

喫煙習慣は頭皮や髪の毛にもっとも悪影響を与えてしまう習慣として知られていますが、具体的にはタバコを吸うことによって全身の血管が収縮し、血流が滞ることによって薄毛へと発展してしまうというのが真相です。血流と薄毛は非常に深い関わりがあり、血流が滞ると同時に薄毛も進行すると言われるほど影響力を持っています。つまり、タバコを習慣として吸い続けることは日常的に血液の巡りを滞らせる事につながり、結果的に薄毛を引き起こす原因となってしまうという事です。

M字部分の薄毛・抜け毛の予防・対策

頭皮の血行促進を心がけよう。

M字部分の薄毛に対して有効な予防策としては、生え際の頭皮が硬くなってしまう前に柔らかくする為のマッサージを行ったり、血行を良くする為の育毛剤を使用する等が挙げられます。もちろん、これらの予防策のほかにも乱れた食生活や不規則な生活習慣の見直しを行うなどの薄毛予防策を実施する必要があります。また、M字部分の薄毛の主な原因となっている男性ホルモンの過剰分泌を抑えるために、専門のクリニックで経口摂取薬を処方して貰うのも高い効果が期待できます。

最近ではフィナステリドと呼ばれる男性ホルモンの過剰分泌を抑える成分が配合された「プロペシア」という経口摂取薬による薄毛治療が主流となっています。このプロペシアは一日の決まった時間に飲み薬を飲むだけというシンプルな治療法なので、その手軽さが人気を集め、今では世界中で薄毛治療に活用されています。プロペシアは薄毛治療専門のクリニックなどで処方して貰えるので、M字部分の薄毛に悩んでいる人は早期の受診をオススメします。

血行促進をしている写真(M字脱毛対策イメージ)

M字部分の薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • 頭皮の血行不良による
    薄毛に悩む人

    寒川

    ノズルの先から頭皮にダイレクトに塗る事ができる育毛剤。有効成分がギッシリと詰まっていて、私のような頭皮の血流が良くないタイプでも、満足できる商品です。
    付け心地も無臭で刺激がなく男性ホルモンの影響を受けやすい生え際の毛根までしっかり届く感じがします。生えるまでお付き合いするというスタンスで商品展開をしておりサプリを補給できるのですが育毛において大事な成分,亜鉛とイソフラボンが含まれている点はgood!

  • 遺伝性による
    薄毛に悩む人

    伝井

    使い始めて半年、M字専用の育毛剤に対して半信半疑で使い始めたが、おでことM字の境界線がかなり狭まってきた。
    ニオイはそれほど感じない。ただ始めて使う人には多少のベタつきを感じるが、個人的には気にならないので満足しているね。
    父もホルモンの影響で生え際が後退していったので、私もこの育毛剤の効果に期待しているよ。

  • 男性ホルモンによる
    薄毛に悩む人

    ハッサン

    内容量が90mlと少ないのでお得感は少ないが、回転するポンプ式のノズルから線上にシューッっと噴射されるから頭皮につけたときの爽快感はかなり高いな。
    頭皮の奥まで刺激がくるため血行が悪くなりがちな、おでこの生え際部分にも有効成分がしっかり入ってくる。返金制度が無いのがちょっとマイナスだけどな。