遺伝による脱毛・薄毛

遺伝による脱毛・薄毛に悩んでいる人物のモデルケース

伝井tsutai

年齢:
42歳
趣味:
ゴルフ
職業:
サラリーマン(大手メーカー)
説明:

父が40才を前に若いころからAGAの症状が進み薄毛が進行。
自身も30代後半から後頭部の薄毛に悩む。
自分の薄毛は父の遺伝だと信じており、食生活の改善や男性ホルモンの抑制方法等、遺伝性の脱毛を解消する手段を探している。
仕事の要領が良く、人を使うのが上手い。
ゴルフが大好きで月に3回はゴルフに行く。
ゴルフ中は後頭部を隠すため帽子の着用をする。

遺伝性の薄毛、抜け毛の原因

親が薄毛の人は確実に薄毛になる?

人は30代〜40代の中年期を迎えると、加齢による影響で肉体にさまざまな変化を感じます。特に男性に多いのが「頭頂部、前頭部の薄毛」や「抜け毛」に関する悩みですが、その原因としてよく言われているのが「親からの遺伝」です。自身の父親が若い頃から禿げていたり、薄毛に悩んでいると遺伝によって自分も必ず薄毛になると考えている人が大多数ですが、これについては半分が正解だと言えます。

確かに親が薄毛の人は、中年期を迎える頃に薄毛や抜け毛の悩みを抱えることが多いのも事実です。しかし、それは成長期に親とまったく同じ生活パターンを送っていた事が要因の可能性も否定はできません。家族というのは大体が同じような食生活を送っていますし、実家を出た後も同じような味付けや食事のメニューを好む人が大多数です。薄毛や抜け毛が多い家庭には食事の栄養バランスが悪かったり、食事の内容が薄毛につながり易いものだったりする等、それなりの理由を抱えているものです。そのため、親が薄毛の人でも自身が遺伝による薄毛なのか、それとも食生活やストレスの影響による薄毛なのかを判断するのは非常に難しいのが現状です。

薄毛の遺伝と抜け毛について原因を知っておこう

多くの人は薄毛や抜け毛に陥り易い体質は親からの遺伝による影響が大きいと考えています。確かに親や祖父母などに薄毛の傾向がある場合は、その体質が子へと受け継がれることがあります。遺伝による薄毛の根本的な原因は、薄毛の要因となる「男性ホルモン」を過剰に分泌する体質を親から受け継ぐ事だと考えられています。

薄毛は遺伝でも治療できる?気になる疑問を解決させよう

一般的に遺伝による薄毛や抜け毛の治療は難しいと考えている人が多いと思いますが、現代では飛躍的な技術進歩と医学発展のお陰で、効果的な薄毛治療が可能となっています。最近では発毛効果が認められている「ミノキシジル」と呼ばれる成分を配合した錠剤を、経口摂取によって治療する方法が主流となってきています。

遺伝性の影響を受けやすい方の習慣

薄毛の遺伝を受ける人の頭皮の状態とは?

一般的に両親のどちらかが薄毛の人は、自身も薄毛の症状に陥るリスクを抱えています。薄毛の遺伝を受ける人の頭皮には幾つかの特徴があり、それらを把握しておくことで有効な対策を立てることが可能となります。薄毛の遺伝を受ける人の頭皮状態は「脂症」であったり、「乾燥肌」や「フケ症」など正常な状態で無い場合がほとんどです。脂症の人の多くは食生活で脂っこい食べ物を好んで取り入れており、体脂肪が増えることによって頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまう等、食習慣の影響を強く受けています。また、乾燥肌やフケ症の人は逆に油分の少ない食生活を送っている場合があり、頭皮の皮脂分泌が足りずに乾燥肌やフケ症に悩んでいるケースが数多く見受けられます。

頭皮状態を見直せば薄毛も改善できる?

頭皮の状態が正常でない場合、薄毛や抜け毛の症状が発症してしまう可能性が高いので、早急に頭皮状態を見直す必要があります。特に頭皮の皮脂が過剰に分泌されていると、分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こし、抜け毛の原因となってしまいます。それでも対策をせずに放置していると、今度は抜け毛が繰り返される事による「薄毛」の症状へと発展していきます。つまり、抜け毛や薄毛の症状を改善するには頭皮状態の改善が必要不可欠なのです。

頭皮から過剰に分泌される皮脂は、日々の食生活が主な原因だと考えられています。食事の中に唐揚げや天ぷら、とんかつ等の揚げ物ばかりを取り入れていると体脂肪が増え、少しでも脂を排出しようと皮脂の分泌が促されます。その結果、頭皮の皮脂が過剰に分泌される結果となり、薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

つまり、脂っこい食事を控えて食習慣を見直すことで頭皮状態も改善され、結果として抜け毛や薄毛も改善されるのです。

遺伝と生活習慣の関係性はホント?遺伝でも生活習慣を見直せば大丈夫?

一般的な家庭は、家族全員が同じ食習慣や生活パターンを送っている場合が多く、薄毛になりやすい生活習慣を送っている家庭の子は遺伝による薄毛と相まって、かなりの確率で薄毛に陥る傾向があります。そのため、薄毛は遺伝だけが原因ではなく、日々の生活習慣もその一因だということを理解しておくことが大切です。結論としては、遺伝性の薄毛で悩んでいる人でも生活習慣を見直すことで薄毛や抜け毛を改善できる可能性が増えるということはいえるでしょう。

ここがポイント!
遺伝性の薄毛、抜け毛の対策

ストレスをためないこと!

ストレスは頭皮にもっとも影響を与え易いものなので、日々の生活の中で感じるストレスを少しでも解消できる生活環境を整える事こそが、薄毛や抜け毛への有効な対策となります。

食事だけでなく日々のシャンプーや育毛剤でもケアを行おう

頭皮の状態を改善させて薄毛への対策を行うのであれば、ノンシリコンのシャンプーを使ったり、血行促進効果のある育毛剤を上手に活用することをおすすめします。

食事による栄養バランスを取る事

専門機関での治療以外でも遺伝性の薄毛に対して「食生活の見直し」は非常に効果的な対策です。髪の毛を成長させ、頭皮環境を改善させる為に必要なビタミン類やタンパク質などの栄養をしっかりと摂取し、バランスの取れた食生活を心掛けることが薄毛改善の為には不可欠です。また十分な睡眠時間を確保する事、規則正しい生活を送る事も大事な対策となります。

専門機関を利用した治療もおすすめ

最近の医学は飛躍的に進歩しており、薄毛治療の分野でも新たな手法が取り入れられています。近年の研究で、元々は血管拡張剤として開発された「ミノキシジル」という成分の中に発毛効果があるという事が分かり、薄毛治療に採用されることになりました。薄毛治療専門のAGAクリニック等では、このミノキシジルを配合した経口摂取薬を処方することで遺伝性の薄毛に効果的な治療が行われています。

遺伝対策としてのクリニックイメージ写真

遺伝による薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • 私の父は40代〜50代にかけて薄毛が進行するタイプでした。私のような遺伝性の脱毛症でこの年から対策をする必要があった中で最も効果が見込めると紹介されたのが壮年性(徐々に進む家族性、遺伝性の薄毛)の脱毛に向いているリアップX5でした。1日1mgづつ使いやすく設計されていてリアップからリアップX5まで通算1年以上使っています。抜け毛が少しづつ減少しているのを感じています。後は薄くならないのを祈るばかりです。

  • 薄毛を進行させる男性ホルモンをブロックさせる効果が強力なBUBKA。遺伝による薄毛が男性ホルモンの多さによるものであれば特にBUBKAはおすすめです。血行を促進するセンブリエキス配合しており、私は使い続ける事で生え際の部分で後退が止まりました。商品が届いてから30日間返金が受けられるのも安心ですね。

  • 生え際のMj字型薄毛が遺伝している場合はプランテルがおすすめです。150mlと内容量が多く無添加で1回でたっぷり使う事ができます。
    M字に対する効果はBUBKAが一歩リードでしたが、できるだけ費用をおさえて対策する場合にはプランテルも検討してみるとよでしょう。