生え際・分け目の薄毛・抜け毛

生え際・分け目の薄毛・抜け毛の原因

生え際や分け目の薄毛に悩む方は意外にも多いのですが、実はその対処法や原因について正確に把握できてない人がほとんどです。

男性で多いのは男性ホルモンの過剰分泌による生え際の後退があります。それ以外だとよく髪の毛を束ねたり、帽子を被ることによって出来た分け目がキッカケで薄毛になったという話を耳にしますが、実際のところは帽子や分け目が直接的な原因で薄毛になるという事は無いようです。ただし、直接的な原因にはならなくても、帽子の被り方や髪の毛の束ね方によっては抜け毛や薄毛の遠因となる可能性があるので気をつける必要があります。

また髪の毛を束ねる際にずっと同じ束ね方で髪の毛を引っ張り続けていると、同じ箇所に刺激や負担が掛かってしまうので注意が必要です。同じ箇所に負担が掛かり続ければ当然、頭皮にも悪影響なので抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。そのため、できれば髪の毛を束ねる際はその都度、分け目の場所を変えることを意識しながら束ねてあげるのが理想的です。

また、帽子を被ることは頭皮を直射日光から守ることにもつながるので有効な薄毛対策となります。ただし、帽子を長時間に渡って被り続けることで頭皮が蒸れてしまうと逆効果なので注意が必要です。もし帽子を長時間に渡って被らなければならない場合は、なるべく「通気性」の良い素材の帽子を選ぶのがベストです。

結論から言えば、帽子の被り方や髪の毛の束ね方によっては分け目や生え際の薄毛を引き起こす遠因となる恐れがあるので、頭皮や髪の毛の扱い方には日常的に気をつける必要があると言えます。

生え際・分け目の薄毛の方によくある生活習慣

生え際や分け目の薄毛で悩む人は、男女を問わず数多く存在していますが、そうした薄毛は日々の生活習慣が原因で引き起こされている場合があります。まずは自分がどのような生活習慣を送っているのかを把握し、薄毛の原因となっていないかをチェックすることが大切です。

一般的に「睡眠不足」は薄毛を引き起こす代表的な要因として知られています。睡眠時間は成人でも約8時間は取るのがベストだと言われていますが、現代の社会環境では多くの人が睡眠不足になり易い傾向があります。あるデータでは、現代の日本人の平均睡眠時間は約6時間とされており、理想的な睡眠時間である8時間という条件はほぼ満たされていないのが現状です。そのため、睡眠時間が少なくなりがちな現代人は睡眠中に行われる髪の毛の成長やダメージの修復が十分にできず、薄毛に悩む人が増えてしまうのです。

また、生え際や分け目の薄毛の原因としては「ストレスの蓄積」なども考えられます。現代はストレス社会ですから、人は日常的にありとあらゆるストレスに晒されています。その結果、過剰なストレスによって自律神経が緊張状態になり、結果として血管を収縮させてしまいます。そのため、血流が悪化することで髪の毛に必要な栄養が頭皮まで行き届かず、薄毛を引き起こすことになってしまうのです。

また、生え際や分け目にスタイリング剤やパーマ、カラーリング剤を使用する人は多いと思いますが、これらの薬剤を多用することで生え際や分け目の薄毛を引き起こす原因となる場合があるので注意が必要です。スタイリング剤やパーマ液、カラーリング剤には毛根にダメージを与える成分が含まれているので、多用してしまうと毛根のダメージが蓄積されて抜け易い髪の毛になってしまいます。その結果、抜け毛が増えて生え際や分け目の薄毛が進行してしまうのです。また、女性に多く見られるポニーテールなどの髪型も頭皮に負担を掛けてしまい、薄毛を引き起こす遠因となる可能性があるので気をつける必要があります。ポニーテールのように長時間、髪の毛が引っ張られると「牽引性脱毛症」という症状を併発する恐れがあるので、定期的に結び方を変えたりする等の工夫が必要です。

生え際・分け目の薄毛・抜け毛の予防・対策

髪を長時間きつく縛ったり、スタイリング剤の多用には特に注意!

生え際や分け目の薄毛を効果的に予防するためには、帽子の被り方に気をつけたり髪の毛を束ねる際の分け目に注意が払うことが大切です。帽子を長時間に渡ってかぶるのであれば、通気性に優れた素材の帽子を選んだり、蒸れた頭皮を定期的に外気へ触れさせるなどの工夫が大切です。また、髪の毛を長時間、束ねたままだと分け目の部分に負担が掛かってしまい、薄毛の原因となりかねませんので、定期的に束ね方を変えながら、分け目の位置が変わるように意識することが重要です。
また、スタイリング剤やカラーリング剤などを多用せず、なるべく自然なままの頭皮で過ごすことも大切です。薬剤を多用することで頭皮に余計な負担が掛かってしまうので、もしスタイリング剤などを使う場合は生え際や分け目を避けて使用する工夫も有効な薄毛対策となります。

髪を束ねないイメージイラスト(生え際・分け目の薄毛予防イメージ)

※女性の生え際・分け目の薄毛対策
食生活の改善も有効手段の1つです。大豆製品を多めに摂取すること(摂り過ぎ注意)、亜鉛を摂取すること、ミネラル・ビタミンを多めに摂取することが大切です。
また無理なダイエットはやめましょう。間違ったダイエットをしている女性が多く、体に負担をかけ過ぎています。
栄養管理のバランスを整え、体内の環境を良くすることが大切です。

生え際・分け目の薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • ストレスによる
    薄毛に悩む人

    働崎

    M字脱毛専用の育毛剤だけあって、特に生え際の後退と抜け毛に対して効果がテキメンの育毛剤。生え際の抜け毛が少なくなって髪が定着してきた感覚。
    バラベン等の添加物が入っておらず植物成分中心だから頭皮につけた際の刺激がほとんど無いのがよい。神経質な私にもストレス無く使えたよ。

  • 生活習慣の乱れによる
    薄毛に悩む人

    ユキエ

    すごく髪が濃くなったという訳ではないんだけど、使い続けて髪にハリとコシが戻ってきた気がするわ。使ってから頭皮がしっとりしてきたしニオイが優しいところも毎日使えるポイントかしら。もう少し続ければ分け目の薄さも改善されそうね。

  • 遺伝性による
    薄毛に悩む人

    伝井

    使ってから感じたのは生え際もそうだが、頭皮全体に水分量が高くなったと感じている。ゴルフ中、晴れた日は頭皮がすぐ乾燥してすこしヒリヒリする時もあったがそれがなくなってきたのがうれしい。生え際はまだ薄いままだが、環境はよくなってきているかな。あと返金対応もしているのも良いね。