専門医が答える薄毛Q&A
薄毛の症状について

薄毛の症状について

子供を生んでから3ヶ月が経ちますが、産後脱毛がひどく1日100本くらい抜けてしまう日があります。解決方法はありますでしょうか?

実は1日100本の抜け毛というのは実は正常な範囲なので生理的な範囲内になりますので大きな心配は要りませんね。
1日の平均の抜け毛の数は本数にもよりますが100本〜200本くらいは抜けるといわれていますから。ただし1日500本の抜け毛になると完全に病気ですね。

遺伝による薄毛(父と同じくおでこの生え際が後退)なのですが、遺伝による薄毛を食い止める方法はありますか?

こちらは遺伝子で決まっている点が大きいため、薄毛を止める事はミノキシジルの外用薬、プロペシアフィナステリド等のお薬等で対策をおすすめいたします。

冬の乾燥する季節になると頭皮のかゆみが中々治りません。頭皮の乾燥を防ぐのに良い方法はありますか?

まず頭皮の保湿をすることですね。これは保湿ローション等を皮膚科等で処方してもらうと良いでしょう。
※育毛剤でも保湿成分が含まれているものであれば保湿という意味ではよいでしょう

毛根が死滅していると言われたのですが、そこからでも髪は生えますでしょうか?

毛根が死滅しているという場合でも、正確には毛根がミニュチュア化していて、完全に死滅はしてはいませんので、また髪が生える可能性としてはゼロではありません。
フィナステリドを飲むか、プロペシアミノキシジルの外用薬を頭皮に塗る、植毛などがおすすめの対策になります。

寝る前になると頭皮のかゆみが止まりません。しっかりシャンプーもしているのですが、赤みがでています。かゆみを止めるのに有効な手段はありますか?

このような赤みやかゆみが止まらないという場合は病気の可能性があります。またシャンプーの使いすぎ、洗いすぎも頭皮には良くありませんのでその点も注意が必要です。
症状が悪化する前に、一度皮膚科にいって診察をいただく事をおすすめいたします。

専門家が答える!薄毛の悩みQ&A

薄毛の症状、治療内容、生活習慣、成分、育毛剤の各項目ごとに専門医に実際にお伺いし、お答え頂きました。

当サイト特別 協力専門医

親和クリニック新宿 音田 正光氏

プロフィール

3000の症例を越す症例実績を持つ薄毛治療のエキスパート。
大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例に上る。薄毛治療のオーソリティとして知られている。
> 親和クリニック新宿はこちら