専門医が答える薄毛Q&A
成分について

成分について

亜鉛を取ると発毛しやすくなると効いたのですが本当でしょうか?

欠乏すると髪の毛が細くなる可能性はありますね。ただし、普通の食生活をしていれば心配はありません。牡蠣のような亜鉛が含まれているものをたくさん食べれば発毛しやすくなるという根拠はありませんので注意してください。

ミノキシジルは発毛効果が認められているということですが、効果が出やすい人、出にくい人がいるようです。効果の違いはどこからくるのでしょうか?

こちらに関してですが、どれだけ薬に対しての感受性がある遺伝子をもっているかどうかになります。個人ではどうしようもない部分ですね。

頭皮の血行が良くなくミノキシジルの育毛剤(リアップ)を進められましたが、運動やホットヨガなどで頭皮の血行は改善されないでしょうか?

運動やヨガは一過性によるものなので、育毛には直接的には有効ではないと考えます。

男性ホルモンを抑えるために大豆イソフラボンを勧められ豆乳を毎日飲んでいます。これは薄毛には有効でしょうか?

ホルモンバランスを整える事は薄毛対策に有効ですが、豆乳を体に取り入れたからといってホルモンバランスが直接整えられるというわけではないので、薄毛に有効という判断は難しいですね。

フィナステリドは脱毛を止めるのに有効だという話を聞いたのですが本当でしょうか?

こちらは男性型脱毛症を抑える根拠があります。ミノキシジルとフィナステリドは科学的にもAGAに効果があるといわれていますので本当ですね。
ミノキシジルとフィナステリドは薄毛の部位によっては併用する等、使い分けることをおすすめします。

専門家が答える!薄毛の悩みQ&A

薄毛の症状、治療内容、生活習慣、成分、育毛剤の各項目ごとに専門医に実際にお伺いし、お答え頂きました。

当サイト特別 協力専門医

親和クリニック新宿 音田 正光氏

プロフィール

3000の症例を越す症例実績を持つ薄毛治療のエキスパート。
大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例に上る。薄毛治療のオーソリティとして知られている。
> 親和クリニック新宿はこちら