後頭部の薄毛・抜け毛

後頭部の薄毛・抜け毛の原因

一般的な薄毛のイメージは頭頂部や前頭部、おでこの生え際等が後退するというイメージを抱きがちですが、最近では「後頭部」の薄毛に悩む人が増加傾向にあります。通常、人間の身体の中でもっとも血行が悪くなりがちな場所は頭部だと言われ、心臓よりも上の位置にあるため重力の関係で血液が行き届き難くなってしまうのです。また、頭部は他の部位に比べても皮膚が薄く冷え易いため、血流が滞りやすいのです。頭部の中でも特に血液が行き渡り難いと言われているのが頭頂部と後頭部なので、この2つの部位に対する対策やケアは重点的に行う必要があります。

通常、血流が滞った頭部では髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。その結果として、抜け毛や薄毛の症状が見られるようになります。血流が滞る原因は重力との関係以外にもさまざまがものが挙げられますが、代表的なものは「日々の不規則な生活習慣」や「乱れた食生活」、そして「ストレス」です

特にストレスは現代人が共通して抱えているものですから、多くの人がストレスを原因とする薄毛や抜け毛に悩む可能性があるのです。つまり、食生活や生活習慣を改善するだけでなく、出来る限りストレスのない生活を心掛けることも有効な薄毛対策となります。

最近は一般的な薄毛のイメージとなっている頭頂部や前頭部の薄毛ではなく、後頭部の薄毛に悩む人が増えてきていますが、その原因は「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの一種です。頭頂部や前頭部の薄毛を引き起こす原因にもなっているジヒドロテストステロンですが、この男性ホルモンが過剰に分泌されることで後頭部の薄毛も引き起こされます。つまり、このジヒドロテストステロンの分泌を抑えることが後頭部の薄毛を抑えることに繋がるのです。

後頭部の薄毛の方によくある生活習慣

後頭部の薄毛や抜け毛を引き起こす生活習慣としては、「タバコやお酒などを嗜む習慣」や「暴飲暴食の習慣」、「睡眠不足が続く習慣」などの不規則で乱れた生活習慣が原因として挙げられます。特に食生活の乱れは薄毛に直接的に作用して、薄毛の進行を早めたり悪化させてしまうことも考えられるので、早急に改善する必要があります。そもそも髪の毛というのは人間が摂取した食料の栄養によって育ち方が変わってきます。髪の毛の栄養となりやすい食材を意識して摂取したり、日々の献立に取り入れることが薄毛を改善する近道となります。

また、ストレスの多い生活も薄毛を引き起こす原因となるので注意が必要です。ストレスを多く抱えていると、人間の心のバランスを保つために不可欠な「自律神経」が乱れてしまいます。その結果、自律神経の作用で血管が収縮して血流が滞り、後頭部の髪の毛へ行き届くはずだった栄養が行き渡らなくなってしまいます。成長が鈍くなってしまった髪の毛は自然と抜け落ちてしまい、結果として後頭部の薄毛を引き起こしてしまうのです。

髪の毛の成長や薄毛を予防するには「頭部への血流」が深く関係しているわけですが、その血流を滞らせてしまう嗜好品が「タバコ」です。タバコを吸う人は薄毛になりやすいという研究結果もあるほど、タバコと薄毛には密接なつながりがあります。タバコの煙が肺の中に入ると、そこから取り込まれた有害成分が血流に入り込んで血管を収縮させます。その結果、全身の血流が滞ってしまうことで頭部に行き渡る血液量が減り、髪の毛の成長を止めてしまいます。そのため、もし薄毛を真剣に改善したいと考えている喫煙者の方が居るなら、真っ先に禁煙することをオススメします。

後頭部の薄毛・抜け毛の予防・対策

男性ホルモンの抑制が有効な対策の1つ

後頭部の薄毛を引き起こす主な原因は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」の作用と「日々の乱れた生活習慣」です。つまり、薄毛を予防したり改善する為の有効な対策としては「生活習慣の改善」と「ジヒドロテストステロンの過剰分泌を抑えること」などが挙げられます。生活習慣の改善は個人の努力によって可能ですが、ジヒドロテストステロンの過剰分泌を抑えるというのは専門のクリニックに処方してもらう薬が必要となります。最近では薄毛治療専門のクリニックも数多くあり、ひと月に1万円程度のコストで薄毛治療が行えるようになっているので気軽に薄毛治療を考えることが出来ます。薄毛治療専門のクリニックでは主にジヒドロテストステロンの分泌を抑えるための薬を処方してくれます。この薬についてはほとんどの場合が「飲むタイプ」なので、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの分泌を手軽に抑えることが可能となっています。

後頭部の薄毛対策 薬の処方イメージ

また、最近ではミノキシジルと呼ばれる高い発毛効果が期待できる成分を含んだ育毛剤なども販売されているので、それらを活用しながら後頭部の薄毛を改善していくことも可能です。その際、ミノキシジルの配合率が5%を越える育毛剤を選ぶと、より高い発毛効果が得られるので覚えておくと便利です。

後頭部の薄毛・抜け毛に
おすすめの育毛剤

  • 男性ホルモンによる
    薄毛に悩む人

    ハッサン

    後頭部に特化して効果が見込める育毛剤って正直ネットなどでも調べにくいし、紹介されているところってあまりないから困っていたが…
    この育毛剤は特に40代以上に効果が出た人が多いってことで使ってみたんだ。正直最初1ヶ月は変化を感じなかったが、友人のアドバイスでしっかりシャンプーを洗い流した後に塗布するようにしてから少しづつ後頭部の髪の毛が太くなってきた気がする。サラッとしているので毎日使いやすいし、仕事で時間が無くても長く使えるな。

  • 頭皮の脂による
    薄毛に悩む人

    太田

    脂が多い自分の頭皮は浸透がしずらいから、頭皮の水分をしっかり乾燥させてからつけることを心がけている。
    独自成分が入ってて特許も取得してる育毛剤。発毛の部分ではまだ効果は出ていないが脂症の自分でも付け心地は明らかに良い部類に入るな。

  • 遺伝性による
    薄毛に悩む人

    伝井

    この育毛剤を使い始めてから5ヶ月が経ちます。ミノキシジルが利いたのか、うっすらと薄くなっていた後頭部に少しずつ産毛が生えてきています。
    頭皮につけた際の感覚が少し刺激的に感じますが、効いている証拠なのかなと。私のような遺伝による後頭部の薄毛にも相性は良いので、これからも使いたいって思っています。